永住申請・帰化申請手続きの相談(東京・埼玉)

永住申請が不許可となってしまった事例

次のような例で、永住申請が不許可になっています。
(法務省ホームページを参照しており、当事務所の不許可事例ではありません)

<永住申請が不許可となってしまった例>
●入国後2年が経過しておらず、在留期間が短かった
不法在留に関与してしまっていた。
●会社経営をしていて投資経営ビザを取得していたが、経営が厳しい状況だった

他にも、多数の不許可事例が、法務省より公表されていますが、現在の在留資格などに基づいた日本への貢献度を、相当ハードル高く判断されています。

お問い合わせ

ご来所での相談をご希望の場合、担当者が不在の場合が ございますのでご予約をお願いいたします。

事務所代表者ご挨拶

Top