永住申請・帰化申請手続きの相談(東京・埼玉)

帰化申請に行政書士が同席できるようになりました。

帰化申請の管轄は法務省、窓口は法務局戸籍課です。

私ども外国人関係の申請を専門で行っている行政書士(入国管理局から認められた入管取次行政書士)であっても、管轄が法務省であり、申請時の同席が認められていませんでした。

もちろん、私ども専門の行政書士が、依頼者様のことをよくお聞きし、書類をおまとめし、申請ができる状態に整えます。
そして事前に質疑応答などの練習をさせていただき、申請当時、ご本人には、ベストの状態で望んでもらいます。

申請はご本人、私ども行政書士も法務局へ同行させていただきますが、ご本人が申請をしている裏で聞き耳を立てていました。
多少いじわるな担当官もいて、イレギュラーな質問を投げかけられるケースもあり、私どももヒヤヒヤしたりすることも稀にあります。

しかし、平成26年4月より、行政書士も帰化の申請に同席できるようになりました。
帰化申請に同席することで、現地でより深いサポートができるようになったのです。
帰化申請のお手続きは、私どもも力をいれており、ご依頼された方はなんとしてでも許可がおりるようにサポートしたいと思っています。

お問い合わせ

ご来所での相談をご希望の場合、担当者が不在の場合が ございますのでご予約をお願いいたします。

事務所代表者ご挨拶

Top