永住申請・帰化申請手続きの相談(東京・埼玉)

帰化申請の面談

帰化の申請では、法務局国籍化に最低3回は足を運ぶことになります。

1回目は、申請前の初回面談。この初回の面談で、帰化の許可が下りる可能性などの大よその判断ができます。国籍化に電話をして事前に予約を取りましょう。

2回目は申請時の面談。

3回目は、申請後の面談。これは申請から大よそ3か月後くらいです。

場合によっては、4回目の面談に呼ばれることもあります。

なお、面談では、小学校3年生レベルの日本語能力の有無を見られます。日本語を話せるだけでなく、読み書き両方見られるので、書きが苦手な人は、申請までにドリルなどで読み書きの練習をしておいたほうが良いかもしれません。

お問い合わせ

ご来所での相談をご希望の場合、担当者が不在の場合が ございますのでご予約をお願いいたします。

事務所代表者ご挨拶

Top